住宅ローン 払えない
「もう住宅ローンの返済が苦しくて払えない・・」
にっちもさっちもいかなくなてしまったのなら後はこの3しかありません。

    住宅ローンが払えない時の対処法

  1. 金融期間にリスケジュールを相談する
    住宅ローンの返済聞の猶予や元金の一部の支払い猶予してもらう。
    ただし、必ず返済できることを証明しなくてはなりません。
  2. 金融機関に任意売却を相談する。
    住宅ローンが苦しいという方のほとんどが、住宅ローン残高(大)>売却可能価格(小)で自宅を売却しても住宅ローン残債が残ります。
    ですので、残った残債をどうするか?と予め銀行側と決めておかないと売却ももできません。
  3. 法的手段を利用して債務整理を行う
    個人再生や自己破産などを裁判所を介した手続きで債務整理を行う。

これらすべてにメリット・デメリットがあります、
でも、なかなか一般のい方に、このあたりをきちんと理解している方も少ないのが現実です。
ですので、住宅ローンの返済が苦しい方は予めこのあたりもしっかりと理解しておきましょう。

住宅ローンが払えない時の究極の3択!リスケ?家を売る?法的手段を使う?

住宅ローン 払えない 対策

住宅ローンが払えない
そんな状況に陥ってしまったのなら、まずはできるだけのことをやってみましょう。
一番いけないのは
「もう煮るなり焼くなり好きにしてくれ!」
と自暴自棄になることです。
あなたがそんなことでどうするんですか!
確かに逃げ出したくなる気持ちもよくわかります。
でも、家族のためにもなにかできることがないか?
なにかひとつでもできることはないか?
を一緒に探してみませんか?

住宅ローンが払えないなら金融期間にリスケジュールを相談してみる

住宅ローン 払えない リスケジュール
リスケジュール
我々不動産屋は通称「リスケ」とも呼んでいます。
この「リスケジュール」とは返済計画の変更をいいます。
たとえば返済期間の延長です。
住宅ローンを貸し出している金融機関のほうでも、
「時間がかかっても返済して欲しい」
と考えているからです。
それに競売や借入人の自己破産では金融機関も満額回収できるわけではありませんからね。

銀行に「リスケジュール」を認めさせるのは簡単ではない

とはいっても銀行にこの「リスケジュール」を認めさせるのはそう簡単なことではありません。
銀行の担当者にしても、リスケジュールを本部に説明するためにそれ相応の稟議書が必要になってきます。
担当者からすればそんな余計な仕事なんてしたくないのが本心ではないでしょうか。
まして
滞納がすでに発生している
消費者金融など他社からの借り入れがある
という状況ではその返済計画に現実味がありません。
「たとえリスケジュールしてもまたすぐに事故物件になってしまうのでは?」
そんな不安を少しでも持たれたのなら、リスケジュールを銀行に認めさせるのは難しでしょう。
あなたの勤務先が大企業や公務員である。
他からの借り入れもない
そんな
「この人ならリスケジュールしても大丈夫だろう」
と銀行に思わせなければならないのです。

コロナ不況で住宅ローンが払えない人が増えている

少し記憶が曖昧なのですが、確か以前のリーマンショックの時にこの「リスケジュール」を銀行が柔軟に受け入れた時期があったような気がします。
それは金融庁から銀行に圧力がかかったからです。

これが今の「コロナ不況」にも当てはまるかもしれません。
まだまだ表向きにはなってはいませんがそんな動きもあるようです。

住宅ローン支払い柔軟に 金融界、コロナ影響に配慮
新型コロナウイルスの影響による収入減で住宅ローンの支払いが難しくなる利用者の増加に備え、金融界が返済期間を延ばすといった対応に動き始めた。長期固定金利の住宅ローン「フラット35」を提供する住宅金融支援機構は返済期間について最長15年間の延長に応じる。銀行も返済条件の変更にかかる手数料を無料にするなど家計支援に重点を置く。長期戦を見据えた対策が急務だ。
参考:日経新聞 2021/4/21

住宅ローンのリスケジュールはまだ余裕のある人のためのもの?

住宅ローンが払えない人がこんなことを聞くと、まるでリスケジュールが魔法のように見えるかもしれません。
しかし、残念ながら住宅ローンのリスケジュールはまだ余裕のある人たちにて向いているものなのです。

たとえばりそな銀行の住宅ローン相談窓口のサイトをみるとよくわかります。
返済方法の変更についてはこのようにき記載されています。

①ボーナスの支給が減った、あるいはなくなった
ボーナス増額返済分の減額、またはボーナス返済分を毎月返済分へ組替える方法
②教育費・医療費等で一定期間、支出が増えるので、その間返済額を減らし
返済期間を変更せず、ご返済額を一定期間減らす方法
③収入が減った
返済期間を延長することにより、毎月のご返済額を減らす方法

参考:りそな銀行 住宅ローンのご返済に関するご相談

いかがですか?
あなたが期待していたほどの対策ではないような気がします。
あくまで今まで月額15万円の住宅ローンの返済が10万円程度に?
それがリスケジュールなのです。
決して住宅ローンの返済をしばらく待ってもらえるものではありません。

住宅ローンが払えないなら金融機関に任意売却を相談してみる

住宅ローン 払えない 任意売却

住宅ローンの返済がもうにっちもさっちもいかないのなら
住宅ローンが払えないから家を売る
という選択も考えなくてはいけません。
家を売ったお金で住宅ローンが完済できるのならなにも問題はありません。
でも、住宅ローンが苦しくて払えない?という方の場合は
住宅ローン残債額(大)マイホーム売却可能価格(小)
のことがほとんどです。
これを「オーバーローン」と我々不動産屋は呼んでいます。
まずはご自身で「オーバーローン案件」か否か?
チェックしてみることをおすすめします。

\今の家がいくらで売れるのか?話はそれからだ/
【イエウール】不動産売却一括査定依頼サービス